所得税の予定納税納付期限について

2022年07月13日
お知らせ

令和3年分の所得金額や税額などを基に計算した予定納税基準額が15万円以上となる場合には、原則、この予定納税基準額の3分の1相当額をそれぞれ7月(第1期分)と11月(第2期分)に納めることとなっています。この制度を「予定納税」といいます。予定納税額は、確定申告の際に計算した税額から差し引くことにより精算します。

予定納税が必要な方には、6月中旬に税務署から「令和4年分所得税及び復興特別所得税の予定納税額の通知書」が送付されています。

所得税の予定納税第1期納付期限は8月1日(月)です。

該当の方はご確認ください。

なお、所得税の予定納税減額申請は7月15日(金)が提出期限です。

(第2期分のみの減額申請は11月15日(火)が提出期限です)

予定納税の義務のある方が、廃業、休業又は業況不振等により、その年6月30日の現況による申告納税見積額が予定納税額の計算の基礎となった予定納税基準額に満たないと見込まれる場合、その年10月31日の現況による申告納税見積額が既に受けている減額の承認に係る申告納税見積額に満たないと見込まれる場合において予定納税額の減額を求める手続が可能です。

2022年8月

123456
78
9
10
111213
14151617181920
21222324252627
2829
30
31

2022年9月

123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930